資格・検定

日本入浴協会では、お風呂の「正しい入り方」に関する検定・資格講座を開催しております。

「入浴」は、もっとも身近な日本人の習慣、健康法でありながら、正しい利用法、接し方、歴史等をまとめたガイドランが存在しませんでした。

日本入浴協会主催の「入浴検定」をはじめとする資格試験では、健康、美容、ダイエットに関する知識はもちろん、泉質や歴史、予防医学や伝統医療の知識を学び、一生お役立ていただける知識を取得することができます。

現在、日本入浴協会では「入浴検定」、「入浴アドバイザー」、「入浴指導士」の3つの検定資格を、それぞれ年に2回ずつ開催しております。
ご自身の知識レベルや活躍のビジョンに合わせてお選びいただけます。

試験問題は一般教養、歴史、生理学、運動生理学、はもちろんの事、アロマテラピーや東洋医学等の知識をも含んだあらゆる分野から、“立証されたデータ”を基準に問題が作成されます。
間違った常識、知っている様で知らなかった知識を新鮮で印象的な切り口にて紹介、“学習していて楽しい検定”を目指し、仕事場や家族・ご友人等へのアドバイスを観点においた“実践的な知識”を提供します。

入浴検定

正しい入浴法を知り、入浴をもっと楽しくするとともに、美容・健康に役立つ知識の向上を目指すための基本的な知識・ノウハウを伝える、日本初・唯一のお風呂の検定・資格です。

入浴アドバイザー

さらに知識を深めたい方や、職業レベルでのご活用を検討されている方におすすめ。
入浴における簡単な生活面などでのアドバイスが行えるスキルを取得できる資格です。

入浴指導士

入浴の専門家(エキスパート)、入浴指導士。
資格取得後はお仕事にプラスしてご活用いただくことはもちろん、協会セミナー講師、各メディア関連のお仕事も可能に!