入浴指導士 養成講座

入浴の専門家(エキスパート)、入浴指導士。

講座では入浴の「基本」から、他では学ぶことができない「薬湯」、歴史や文化、「ダイエット」や「スキンケア」などを学び、日常生活や現在のお仕事にプラスしてお役立て頂けます。

これまで様々な業界で活躍中の方が取得され、現在では日本入浴協会認定セミナー講師としての活躍をはじめ、Web記事の監修、執筆活動、地上波テレビ出演などのお仕事もご依頼しております。

現在は「入浴」の専門家は日本でも少数で貴重なため、各メディアからの需要も高い資格です。
入浴指導士になってわたしたちと一緒に活躍してみませんか。

合格された方には認定証(運転免許証サイズ)と合格証書(ディプロマ)を発行し、合否通知と一緒に郵送しております。

第7回 入浴指導士 養成講座 カリキュラム詳細

※第7回入浴指導士養成講座は延期となりました。
次回日程は調整中です。
決まり次第当HP、SNSにて告知させていただきます。

第7期生 入浴指導士のお申込みを受け付けております。

多様でここでしか学べない本格内容が充実した、講義2日間+試験1日で開催される全3日間の養成講座です。
※カリキュラムの内容、講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

開催日時<講義2日間+試験1日(計3日)>

<講義>
2022年12月10日(土) 12:30~17:00
2022年12月11日(日) 12:30~17:30

<試験日>
2023年1月28日(土) 13:00~16:00
参加形式(1)会場
 日本入浴協会 セミナールーム
 〒104-0061
 東京都中央区銀座4丁目11−7 第2上原ビル4F

 MAPは<こちら

 アクセス:
 都営地下鉄浅草線、東京メトロ日比谷線「東銀座駅」3番出口より徒歩3分、
 東京メトロ銀座線「銀座駅」より徒歩8分、JR「新橋駅」銀座口より徒歩10分

(2)オンライン
 ZoomのURLをお送りいたします。
受講料94,600円(税込)
※テキスト・認定料・試験料・日本入浴協会入会金込み
※クレジット決済(PayPal)、銀行振込可能、分割払い(3回まで)可
条件・日本入浴協会主催「入浴検定」合格者
(未取得の方はお気軽にご相談ください)
・当協会会員であること(受講お申込時に入会手続き可能)

【ご入会費用】
個人会員様:入会金/10,000円(税込:11,000円)
年会費/6,000円(税込:6,600円)(入会月により月割額)
事業会員様:「法人」または「個人事業主」によって、要件が異なります。詳細は事務局までお問い合わせください。

個人正会員制度:詳しくは<こちら
申込締切2022年11月24日(木)15:00まで

講師紹介

古谷 暢基 (Furuya Masaki)

  • 博士(医学)
  • 一般社団法人 和ハーブ協会理事長
  • 日本ダイエット健康協会 代表理事
  • 日本ルーシーダットン普及連盟 代表

1967年生まれ。神奈川県出身。
現在、日本入浴協会理事、日本ダイエット健康協会代表理事、日本ルーシーダットン普及連盟代表、(一社)和ハーブ協会理事長、(株)ルーシーダットン代表取締役、総合格闘技クロスワンジム会長。
博士(医学)、健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー、医事評論家。
現代の日本における「健康・医療に関する正しい意識と知識の啓発」を人生の使命とする。
専門家と一般市民の間に立つメッセンジャーとして全国を飛び回り、「王様のブランチ」(TBS)「林先生が驚く初耳学」(TBS)「スッキリ」(日本テレビ)など、テレビ出演多数。
著書・監修に「ダイエット検定公式テキスト」(JDHA)、「カルボナーラとペペロンチーノどっちが痩せる?」(角川春樹事務所)、「和ハーブにほんのわすれもの」(コスモの本)など多数。

担当講義 入浴医学の基礎

日本人の伝統医療であり、宝の生活習慣である入浴を医学的観点から学びます。

早坂 信哉(Hayasaka Shinya)

  • 博士(医学)
  • 東京都市大学人間科学部学部長・教授
  • 温泉療法専門医

1968 年生まれ。宮城県出身。
1993 年、自治医科大学医学部卒業後、地域医療に従事。
2002 年、自治医科大学大学院医学研究科修了
同大学医学部総合診療部、浜松医科大学医学部准教授、大東文化大学スポーツ・健康科学部教授を経て、現在、東京都市大学人間科学部学部長・教授、日本入浴協会理事、(一財)日本健康開発財団温泉医科学研究所所長、(一社)日本銭湯文化協会理事、(一社)日本温泉気候物理医学会理事。
博士(医学)、温泉療法専門医。
生活習慣としての入浴を医学的に研究する第一人者。
そのユニークな研究が注目を集め、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)など、テレビ出演多数。
著書に「入浴検定公式テキスト」の他、「おうち時間を快適に過ごす入浴は究極の疲労回復術」(山と渓谷社)などがある。

担当講義 入浴概論

日本人が毎日のように入るお風呂と健康、安全管理、温泉や入浴剤の原理などを深く学びます。

平川 美鶴 (Hirakawa Mitsuru)

  • 植物民俗研究家
  • 一般社団法人 和ハーブ協会理事長

1977年生まれ。「和ハーブ」と日本人の関わりを歴史・文学・薬効・自然風土・産業などから調査、和ハーブフォークロア(足元の植物民俗学)研究を進めている。
各種講座・講演、実践ワークショップ、新規商品開発等を通じ、自然の恵みと共にあった先人の尊い知恵を、今にどう生かし、未来へどう届けるかを考えるメッセンジャー。
雑誌や専門誌・WEBコラム記事執筆、メディア出演多数。著書に『和ハーブ図鑑』(素材図書)、『和ハーブ にほんのたからもの』(コスモの本)、『あなたの日本がもっと素敵になる 8つの和ハーブ物語 ~忘れられた日本の宝物~』(産学社)。

担当講義 日本人と風呂、入浴の民俗文化

他では聞けない「和ハーブ」を使った伝統的で様々な入浴剤となる日本の有用植物を学びます。

佐々木 恵 (Sasaki Megumi)

  • 日本入浴協会顧問
  • 看護師
  • 株式会社ノーリツ 入浴専任講師
  • 日本ダイエット健康協会認定 ダイエットインストラクター
  • 医療的ケア講師

地元岩手県にて東日本大震災経験後、人との寄り添いを学ぶ為、2012年に単身で東京に転居。
日本ダイエット健康協会ダイエットインストラクター講座をはじめ、予防医療を主に介護福祉士様のキャリアアップ講座、医療的ケアの指導看護師養成講師としての講座含め、年間講演を30本程行う。
株式会社ノーリツによるイベント内セミナーや関東地区方針説明会にて「正しい入浴法」を講演。
病院、医師開業支援、被災地・障害者支援等子供〜大人約3万人と接し、医療現場で起きる様々な問題に、講演を通し問題を投げかけ“健康・栄養・生きる力”をキーワードにYouTubeなどでも正しい情報を届けたい強い思いで、日々活動し活躍中。

担当講義 入浴と医療現場の現状

デイサービスや訪問入浴の現状や現場の声、それに伴う問題と改善策などを学びます。