入浴指導士

入浴検定の上位資格「入浴指導士」の第2回目を開催します。

入浴の「基本」から、他では学ぶことができない「薬湯」(伝統的な入浴剤)、歴史や文化、女性の一番気になる「スキンケア」について、美容・健康に役立つ内容が仕事にもプラスになる資格です。

定員に達し次第、締切いたします。
受講ご希望の方は、お早めにお問い合わせ下さい。

 

★第1回目は大学准教授、美容家、浴室施工業者、温泉・銭湯・お風呂のスペシャリスト、コスメコンシェルジュ、公務員…など様々な業界で活躍中の方が取得されました!

 

●日時:11月10日(土)、11日(日) 講座
      12月2日(日)試験
●場所:日本入浴協会 セミナールーム
   (東京都中央区銀座4丁目11-7第2上原ビル4階)
●受講料金:76,000円 (税別)
      テキスト・認定料・試験料込み
(日本入浴協会の会員でない方は、他に入会金10,000円が別途必要)

※初年度の年会費(6,000円/税別)は入会月によって月割とさせて頂いております。(口座引落し)

 

★カリキュラム★(予定)

入浴概論
日本人が毎日のように入るお風呂と健康、安全管理、また温泉や入浴剤の原理などが深く学べる


 講師:早坂信哉(東京都市大学教授、入浴を医学的に研究する第一人者、医学博士、日本入浴協会理事)

入浴の文化・歴史
日本人の伝統医療であり、宝の生活習慣について、協会独自のルートから解明された興味深い”和の民俗学”を学ぶ


 講師:古谷暢基(健康・医療の正しい意識と啓発を使命とし全国を講演し飛び回る、医学博士、日本入浴協会理事)

■和ハーブ湯(薬湯)について
古来、各地に伝わる他では聞けない「和ハーブ」を使った入浴法、伝統的な様々な入浴剤となる日本の有用植物を学ぶ

 講師:平川美鶴(一社 和ハーブ協会副理事、和ハーブの専門家)

入浴とスキンケア
肌の基本からスキンケアや化粧品の選び方など、女性の気になる美容法や健康法を学ぶ

 講師:かおり(理系美容家、入浴指導士)

入浴と医療現場の現状
医療・介護現場の意外な真実、入浴の必要性、今後の課題など様々な角度から現状を学ぶ

 講師:佐々木恵(看護師、上級救命技能認定取得者、日本入浴協会顧問)

 

など、多様でここでしか学べない本格内容が充実。

 

資格取得後は、ご自分や家族の健康・美容ライフクオリティ向上の他、現在は数少ない入浴関連講師や、メディア記事などのライティング、各アドバイザーなど、充実したジョブライフにも活かせます。

 


 

認定証・合格証書(ディプロマ)

合格された方には認定書(運転免許証サイズ)のカードを無料で発行し

合否通知と一緒に郵送しております。

合格証書(ディプロマ)をご希望の場合は任意となりますが、

有料にて別途発行しております。(A4サイズ)