かおりさん(理系美容家)

2018年に入浴指導士を取得し、理系美容家としてご活躍中の かおりさんにインタビューを行いました。
正しい美容知識を発信するためには、入浴への正しい知識も欠かせません。
かおりさんの考える「美しさ」とは?入浴×美容に興味のある方、必見のインタビューです!(インタビュー実施日:2022年2月)

──自己紹介をお願い致します。

初めまして、かおりです。科学的根拠に基づいた正しい美容知識を普及する理系美容家として活動しています。
私は三度の食事よりお風呂に入ることの方が大好きで、どれだけ忙しくても入浴だけは欠かしません。趣味の旅行では、宿泊先のお風呂を必ずチェックします。
美容家として独立するまではとても大変でしたが、お風呂がなければ私の夢は叶っていなかったかもしれません。それくらい心身ともに助けられている存在です。

──現在のお仕事内容についてお聞かせください。

理系視点を活かし、中立な立場の美容家として科学的根拠に基づいた美容情報の発信をSNSやBlog、WEBメデイア監修などを通じて行っています。
他にも、化粧品の企画開発・PRコンサルティングや美容講師、美容ライター、オンラインサロン「美容科学ラボ」の運営など幅広く活動しています。
美容と入浴は密接な関係にあるため、一年中入浴の大切さをお伝えしています。


──なぜ入浴指導士の資格を取得しようと思いましたか?

入浴に関する正しい知識を積極的に広めたいと思ったからです。
美容好きの方は頑張屋さんが多く、様々なことに“やりすぎ”な傾向があります。例えば、身体を洗いすぎ、お風呂に入りすぎなどです。
入浴に関する多面的な知識を身につけて、その方に最適な入浴法をご提案したいと思いました。

──入浴指導士の講義を受けて、印象的だったことはありますか?

早坂信哉先生のご講義で「入浴習慣のある人は主観的幸福感が上がる」というご研究のお話が大変興味深く感じました。
毎日お風呂に入る時間を確保できるほどゆとりのある人が多いことや、健康効果によるものなど理由は様々考えられますが、このお話を聞いてから入浴習慣の無い方に力強く入浴をお勧めできるようになりました。
実際に行動に起こしたら疲れが吹き飛んだというお声を頂いた時はとても嬉しかったです。

──入浴をどのようにお仕事や日常に活かしていますか?

仕事の効率性を上げるために、入浴時間を活用しています。
具体的には、就寝の1時間半前に入浴をして、出浴後は強い光を浴びたり電子デバイスを見たりしないように気をつけることで、質の良い睡眠を取るようにしています。
入浴の直前まで仕事をしているので、副交感神経優位にして心身を休ませてくれる大事なスイッチの時間です。

──資格取得後、どのような活動を行っていますか?または、今後どのような活動を行っていきたいとお考えですか?

美容に関心のある方々に向けて、入浴セミナーを行っています。
綺麗になりたい方は、化粧品の種類よりもまずお風呂の入り方から!美容のベースは心身の健康です。
また、美容ライターとして洗浄料や入浴剤のご紹介をすることがあるため、持ち前の知見と入浴指導士資格で得た知識を活用し、独自性のある記事を執筆しています。
今後は、正しい美容知識が伝わりにくい若者に向けて、正しい美容法や入浴法を伝える活動をしていきたいです。

──資格取得を目指している方へのメッセージをお願い致します。

人生100年時代と言われて久しいですが、最近は、ただ命を永らえるだけでなくしっかり活動することができる「健康寿命」を超えた「美容寿命」という概念が誕生しました。
自身の容姿に興味を持ち、美容行動を続けながら毎日を過ごすことができる期間です。
決して「抗老化(アンチエイジング)」ではありません。男女も関係ありません。
年齢を重ねることでしか得られない、その人らしさを認めてあげることが美しさなのではないでしょうか。
その根本にあるのは「心身の健康」です。
そしてそのために入浴は一生続けて頂きたい習慣でもあります。
この素晴らしい生活習慣を、一緒に広めていきませんか?

──ありがとうございました!